スポンサーサイト

--–--–-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010–06–12 (Sat) 14:27
雨上がり

ふと空を見上げると

そこには七色の橋が架かっている

あの橋を渡るとどこへいけるのだろうか

どこにもいけないだろうのだろうか

だがそこは誰にもわからないし

これからもその幻想の橋を渡ることはできないだろう

だから我々はあの七色の橋を見て

空想にふける

あの橋の向こうの世界へと

スポンサーサイト

なにもなくそこにある

2010–05–09 (Sun) 00:00
私の横には今はもうなにもない

先ほどまであった暖かさはもうない

いつもそこにあると安心していた私は馬鹿だった

失って初めて気づくその存在の大きさ

いつも空気のように

そこにあるのが当然で

ない事など君が居てくれるようになってからは

そんなことはないと思っていた

でもそこにないことが今の現実

必ず君はそこに居てくれたけど

無理もしてたんだろうね

私は今君がいなくて

とてもさびしい

これが今の現実


END
追記 – open

雨音

2010–04–21 (Wed) 16:18
雨が屋根を叩き音を奏でる

この雨が上がった後には虹が出るだろうか

雨音に耳を澄ましながらそんな空想に思いをはせる

この雨があがらないことはない

雨はかならず止むから

その後のことを思いながら

雨の時間をすごしていく

この後にはかなず素晴らしい

景色がまっていると信じながら

桜舞う

2010–03–31 (Wed) 02:37
桜舞花吹雪が一面の世界を映す

そんな中で私たちはいくつもの出会いをし

いくつもの別れを経験してきた

涙の別れもあった

笑いながらまた会おうと誓い別れたこともあった

様々な出会いがありそしてそこにはまた等しく別れが存在していた

記憶に残るのは出会いではなく別れだった

出会った時の記憶は曖昧になる

でも別れの記憶は鮮明に蘇る

これからもいくつもの別れを迎えるだろう

だがそこにはいくつものいくつもの出会いがあった事を思い出してほしい

最初はいがみ合い衝突した者ですら

今では良き友となった

経由などとうに忘れた出会いに感謝し

今私は別れるこれから先のいくつもの出会いを目指しながら

歩みを続けて行く。

詩というにはお粗末だけど

2010–01–21 (Thu) 01:26
全てが無になる

そして世界の中心がずれて

私をこの世界に結び付けている引力が

君に代わった

僕の全ては君のためにあるようになり

全ての行動が君につながり

僕の全てがきみになった

 | HOME |  次へ »

プロフィール

糾

Author:糾
怖い話と詩を書いてます?更新は不定期

小説は思いついたらとりあえず書いてみる方向で!

なお知的財産権は放棄してません(笑)




アルファポリスさまの所に登録いたしましたよかったらクリックしてください

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

FC2ブログランキング

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。